教育費にお金がかかる!-悩みを解決する考え方

子供を育てるにはお金がかかる・・・



そんなお父さんの想いで、将来が不安になったりしていませんか?

そのとおりです。子育てには、間違いなくたくさんお金がかかるのです。
オギャー!と産まれた瞬間、いやその1年くらい前から
衣類や食費はもちろん、教育費まで様々な場面でたくさんお金を使うことになります。

かわいいわが子のためだから・・・
いろいろ節約してでも、この子のためなら多少の我慢は・・・

でもね・・・
決して、こんなふうに思いつめたりしないでください!

お子さんからしても、こんな思いつめられても・・・大変です。
もっと、前向きに考えることができれば、思いつめることはなくなります。

まず、 ”子供にかけるお金” と ”自分に使うお金” とを
区別して考えましょう。
つまり”考え方”が異なるのです。

子供に使うお金は、すべて子供の未来への”投資”なのです。

美味しいものを食べたり、好きな服を買ったりするのは、大人でも”自己投資”
かもしれません。
しかし、子供の場合はほぼ100%投資です。
食費をけちったら、丈夫な体は作れませんし、いろんな体験をさせることも将来のためです。

その中でも教育費は”教育投資”とも言われるように、未来への投資です。
”投資”というと言葉は悪いイメージを持ってしまうかもしれないですが、ほぼノーリスクの投資です。
同じ値段で、ゲーム機を買うか、本を買うのかといったところから、
ピアノを習わせるのか?塾に行かせるのか?どんな学校を選ぶのか?・・・

子供への投資は、すべて投資と考えましょう。短期的な損はまずありません。かといって目先の支出に囚われてもいけません。
長い目で考えるようにしましょう。

株式投資では、”損だけはしたくない”という意識が働きます。
あーでもないこーでもないと、真剣に買う銘柄を慎重に考えませんか?

投資の鉄則は、短期的な利益を追うのではなく、その成果(リターン)を長期的に見込んで投資しなければならないのです。
教育費も同じです。
そういう意味では、”教育費は聖域”かもしれませんが、ケチるという
よりは、リターン(本当にためになるか?)という観点から、じっくり慎重に考えてみてはいかがでしょうか?

よろしければフォロー!

フォローする

スポンサーリンク
レタングル大
レタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

よろしければ応援お願いします。
スポンサーリンク
レタングル大