ランニングシューズを2足買ってトレーニングするべき理由と選び方

ランナーの皆さん、ランニングを始めてしばらくたってシューズの買い替えを検討している皆さんへ、僕の体験からランニングシューズは2足準備することをおススメします。

僕自身もランニングを始めて1年くらいしてからシューズを交換しました。

あとで振り返ると、最初のシューズ選びは適当にやってしまったので偉そうなことは言えないのですが・・・、でも今回はその経験も含めて自信をもって言えます。

「ランニングシューズは2足もつこと!」

(失敗談はこちら↓)

初心者ランナーの正しいランニングシューズ選び|失敗談からの教訓

ランニングシューズを2足持つ3つの理由

理由1:シューズが長持ちする

ふつうのビジネスシューズやスニーカーもそうですが、靴には休みが必要です。

特にランニングシューズも一度走るとダメージを受けていますし、汗や水分、汚れを吸収しています。やはりしばらく休ませることで靴は確実に長持ちします。
これっと言ってお手入れということはないですが、湿気が大敵なので乾燥させることが必要です。
すぐに靴箱や袋にしまったりせずに、玄関のあたりに外に出して置いておくのが良いと思います。

その時には、紐は下まで完全に緩めておくようにしましょう。

理由2:ゆっくり走るときもある

ペース走やビルドアップ走などさまざまなトレーニングをすることがあると思いますが、必ずゆっくりとしたペースの走りをする必要があるタイミングがあります。
ハードな練習やレースの後、時間があいてしまって久しぶりに走るときなどは、普段よりゆっくりとしたジョグペースで走りたいときがあります。
その時は、スピードは必要ありませんから、足に優しいソールが厚めのシューズで走ったほうが良いのです。
なので、レースでスピードを求める時とは違うシューズを一つもっておくことは必須です。

理由3:スピード用のシューズの良さが実感できる

理由2と関係ありますが、ジョグ、トレーニング用のシューズとは別に、もう一つ、レース用のシューズを用意します。
これは自分なりの勝負用なので、それぞれのレベルに合わせて最高パフォーマンスを目指したシューズとなります。
このレース用シューズは、本番を意識したスピード練習のときとレースで使用します。
ジョグ、トレーニング用のシューズから履き替えたときに、より軽く、速く走れる実感を体験できます。
素人でも「シューズでこんなに違うのか・・・」という感覚を味わえます。
これでレースに出ると、テンションも上がって、パフォーマンスが向上すること間違いありません!

サブのランニングシューズの選び方

シューズは、まず、レース用(勝負用)を購入します。
どこのメーカーでもそうですが、入門用からレース用まで、目指すタイムを目安にしたチャートがあって自分のレベルに合わせたシューズを選ぶことが出来ます。
例えば、ミズノだとこんなチャートがあります。

アディダスだとこんなチャートになります。

僕の場合は、足のカタチから、ミズノのシューズを選んでいます。

初心者ランナーの正しいランニングシューズ選び|失敗談からの教訓

サブのシューズは

同じメーカーで、1つレベルが下のシューズ

を選びます。でも、2つもシューズを買うのは財布に優しくありません。

そこでおススメなのが、サブは旧モデルを購入することです。僕が選んだのはコレです。

WAVE RIDER 21ウエーブライダー21 

次のモデル、ウエーブライダー22がもうすぐ発売される・・という時期でネットショップなどで安くなっています。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0753M4QYH/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=kohei88ok-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B0753M4QYH&linkId=fd58754a58a2325e6390f67f3fa14e68
しかも

カラーはブラック×ニジという個性的な色です

デザイン的にイマイチですよね。そうです、いわゆる売れ残り・・・です。
大阪マラソン 限定モデル!!左右で色が違うという素晴らしい(??)特徴があります。
ですが、終わればあえてこれを買う理由はありません。

そのかわり、値段は半額まではいきませんが、6割ぐらいの値段(4割引き)で買うことができます。
かといって、性能は全く問題ありません。
選んだ自分のレース用シューズともカタチもほぼ同じで履き心地も良く、それでいてソールが厚く安心して走ることができるのです。

いかがでしたか?
レース用のシューズは皆さんお持ちだと思いますので、ぜひトレーニング用のシューズをもう一足、しかもお得に買ってトレーニングに導入してみてはいかがでしょうか?
間違いなく、レースのパフォーマンスが上がりますよ。
ぜひお試しください。

よろしければフォロー!

フォローする

スポンサーリンク
レタングル大
レタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

よろしければ応援お願いします。
スポンサーリンク
レタングル大