真冬のサイクリングを快適に乗り切るサイクルウェアのツボ!

こんにちは。寒い冬も自転車を楽しんでいますか?
「いやいや、寒くて自転車なんか乗るワケないでしょ、走っている人はどうかしてるよ・・・」
なんて考えてませんか?
冬は寒くて運動不足になりがちです。春からの自転車ライフを軽快にスタートするには冬場こそ自転車に乗っておきましょう。
ウェアをきちんとそろえれば(あまりお金をかけることなく・・)、快適な自転車ライフを過ごすことが可能です。

冬こそ楽しみたいサイクリング

実は、真夏よりも真冬のほうがサイクリングには向いています。
確かに最初が寒いのは間違いありませんが、結構メリットが多いのです。
・暑さで消耗しない
・熱中症にかかるリスクが無い
・汗で体がベタベタにならない
・やたらに水を飲まなくてもよい
・冬は空気が澄んでいる
・冬景色は趣がある  などなど

ウェアが無いからという理由で自転車に乗らないのは実にもったいないのです。

ウェアさえあれば快適に過ごせる

そのため、ウェアはある程度キチンとそろえることが必要です。
アイテム別に紹介しておきます。

上半身は次の2つのポイントを抑える

(1)風
体の冷えの原因は何と言っても”風”です。風を通さない素材をつかった、商品名では「ウインドブレーク」とかって言います。
このジャケットを一つもっておくことをおススメします。
中途半端な長袖ジャージは、値段が高いわりには着る機会が意外と少なくてもったいないです。
週末だけだと、春と秋に2~3回ずつくらいだったりします。

(パールイズミ)PEARL IZUMI 3500BL サイクルジャケット ウィンドブレーク ジャケット[メンズ] 3500BL 3 カーマイン 3 L

新品価格
¥13,830から
(2018/1/27 22:29時点)


(2)汗冷え
ヒルクライムで汗をかいてダウンヒルで冷える
これが最悪の風邪ひきパターンです。
これを回避するのは、ちょっと高めの吸湿速乾インナーです(決して、ヒートテックではありません)。

(パールイズミ)PEARL IZUMI 173 サイクル 長袖ドライアンダーシャツ [メンズ] 173 1 ブラック L 173 1 ブラック L

新品価格
¥4,320から
(2018/1/27 22:27時点)

関東以西の平野部であれば、ウインドブレークのジャケットに、インナー1枚で真冬は乗り切り可能です。
グループライドをした時に、他の人が止まってウインドブレーカや、インナーの上に来ているジャージを脱いだり着たり・・・
それを、バッグに詰めたり出したり・・・・そんな風にして調整している間、
僕はジャケットのジッパーを上げ下げして調整するだけで済みます。

下半身はこれで良い

下半身は実はあまり重要視していません。
なぜかというと、自転車を漕いでいる時は、大きな筋肉を常に動かしているので意外と寒さを感じないからです。
また、上半身のようにあまり風も感じません。
むしろ、動きやすさを重視したほうがサイクリングが快適になるのです。

秋から冬に着れるロング丈のタイツが一つあれば十分でしょう。
もし、気温が一ケタで凍るような寒さであれば、レッグウォーマーを下に履いて二重にしましょう。
真冬用のタイツはやたらに高い!!のでこれのほうが長い期間の着回しが可能になります。

(パールイズミ)PEARL IZUMI サイクリング レッグウォーマ レッグ ウォーマ 418[メンズ] 418 2 ブラック 2 S 418 2 ブラック M

新品価格
¥4,300から
(2018/1/27 22:42時点)

小物は意外と重要です

上着と同じで、風を防ぐという意味で、つぎの小物は重要です。
ケチらずきちんとしたものを買いましょう。
冷えは、足先、指先が一番こたえます。逆にこの末端を温めると寒さを感じにくくなります。

・シューズカバー
・冬用グローブ
・ネックウォーマー(もしくはマスク)

いかがでしたか?代表的なものとしてパールイズミ製品がありますが、メーカーはこだわりとオシャレの領域なので何でもよいです。
こちらの記事も参考に!

ただし、冬のサイクルウェアは、
デザインよりも機能を重視
するほうが後悔しないです。
参考にしていただいて、冬のサイクリングを楽しみましょう!!

よろしければフォロー!

フォローする

スポンサーリンク
レタングル大
レタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

よろしければ応援お願いします。
スポンサーリンク
レタングル大