「安全」は簡単に手に入る。でも「あんしん」を手に入れるのは難しい理由

「安全」と「安心」、どちらが欲しいですか?

「安全」と「安心」、どちらも似たような意味で使われます。

違いはなんでしょうか?あなたは、どちらを手に入れたいでしょうか?

「安全」というのは、どちらかというと物理的な意味で、
「安心」というのは、精神的な意味です。

例えば、

あるマンションが大地震がきても倒れない設計にする。これが「安全」を得ることです。
高いお金を払って頑丈にすれば良い訳で、つまりお金で買うことができるという感じです。

お金を払ったので、買った人にとっては「安全」は当たり前で、それがぐらつくととんでもない事件になります。お金を払ったのに、実は耐震性能が偽装されていたり、施工不良で傾いたりすれば、それは大事件となってしまうわけです。

あなたは「あんしん」にお金を払っている

「100人乗っても壊れない」がうたい文句の物置のコマーシャルがありました(今もあるかもしれません)。

別に物置に100人乗る場面はまず考えられないですし、物置がそれほど頑丈でなくてもよいですよね。このコマーシャルがPRしたいのは、「あんしん」です。他の物置メーカーよりも”なんとなく頑丈”と伝えて差別化しようとしているのです。

でも、実は商売的には、この”あんしん”の方がもうかります。同じ性能のものでも、安い知らないメーカーの製品よりも確実に高く売ることができます。

なぜなら、買う人は高い買い物をするなら、少々高くても知っているメーカーの方が”あんしん”だからそっちを買う・・・という訳です。

マンションや家でも、同じ基準で同じように建てられていても、〇〇不動産レジデンシャル・・みたいな財閥系の名前がつくと、中小デベロッパーの物件より高くてもそちらの方が売れます。これは、建物そのものにお金を払っているのではなくて、目に見えない”あんしん”にお金を払っているのです。

で、よく考えると、この”あんしん”はお金で置き換えることはできません。なぜなら、人によって基準が違う、つまり、その人の感じ方、心の中の問題だからです。

では、本当のあんしんってどうやったら手に入るのでしょうか?

本当の”あんしん”にお金を使いましょう

”あんしん”は目に見えないものなので、人によって基準が違います。本当にその人が安心できるかどうか?はその状況や価値観によってぜんぜん違うのです。

精神的な意味での”あんしん”はお金に変えられない自分の心の中の問題なのです。

地震でも壊れなくて、火事でも燃えない家に住んで、頑丈な車体の輸入車に乗り、無農薬の野菜、国産の食材だけで食事をして、ジムでも運動を欠かさず・・・みたいな生活をしていたとしても、どこかで不安は誰しもが持ってしまいます。

つまり、心配ばかりして、”安全なモノ”を買い集めたとしても、あんしんは得られないのです。

では、あなたにあんしんをもたらすものは何でしょう?

子どもや家族と過ごす時間がずーっと永く続けばいいのにな・・・

と思ったことはあるのではないでしょうか?そんな時に、あなたは幸福感で満たされていて、不安なんて感じたりしないのではないでしょうか?

幸福感で自分を満たすこと

で、あなたの”あんしん”は満たされるのです。

あまり物質的なものにとらわれずに、あなたの幸福感を満たす時間を充実させるようなお金の使い方をしてみてはどうでしょうか?

例えば、奥さんや子どもと楽しい休日を過ごすプランを立てるとか、両親に感謝のプレゼントをするとか・・・身近なところでみんなが幸せになるようなことをしてみましょう。

きっとあなたの”あんしん”は増えることになるでしょう。

よろしければフォロー!

フォローする

スポンサーリンク
レタングル大
レタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

よろしければ応援お願いします。
スポンサーリンク
レタングル大