ロードバイクのオーバーホールのススメ

ロードバイクを初めて買い、4,000kmを走り、タイヤは交換したものの

それ以外のパーツは純正のまま・・・。

コストパフォーマンスの高いアップグレードをどれからどうするか?

これはロードバイクを始めたら常につきまとう悩みでしょう。
(それがとても楽しい悩みだったりするのですが・・・笑)

そこで、
ワイヤー類とブレーキシューの交換時期ということもあり、
ブレーキとチェーンをアップグレードしました!

まずはブレーキ。
初めてのULTEGURAグレード!!見た目がスマートです。

ロードバイクは”速さ”を求めるスポーツであることは間違いないのですが、それは、

    ”安全にライダーの意志どおりに止まれること”

が前提で成り立つことです。
そういう意味では、ブレーキは、

最も重要な部品

なのです。

次に、チェーン。
やはり駆動系のパーツ。走っているときに力を伝達するパーツです。

グレードの高いコンポをつけてチェーンが汚れている・・・

こんな自転車を見かけることがあります。これはとんでもなく矛盾しています。
まず、力を伝えるチェーンが汚くては意味がありません。

これをULTEGRAのチェーンに交換してピカピカになりました!

地味に”ULTEGRA”のロゴが入っています。

交換後にさっそく西六甲へ。再度公園から六甲山牧場へ登ります

登りでは、さっそくチェーン交換の効果が現れます!
ペダルの回転がスムーズに伝わっている(感じ)のを実感できました。
これは、コスパでは最強のアップグレードと言えます。

ブレーキは下りで威力を実感できました。雨に降られながらでしたが、微妙な力加減で、キュッと反応する感じです。
これで得られる安心感は、
「バイクをコントロールしている!」
という満足感にもなります。

私のようにエントリーランクのロードバイクを購入した人は、
チェーンとブレーキの交換をおススメします。

Odo 4,299km
走行時間 3時間41分
走行距離 55.0km
平均速度 19.2km/h
よろしければフォロー!

フォローする

スポンサーリンク
レタングル大
レタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

よろしければ応援お願いします。
スポンサーリンク
レタングル大