困ったときに役所を責める人の虚しさ

こんにちは。あんしん父さんこうへゐです。
ブログの訪問ありがとうございます。

災害が起きると、ニュースなどで被害の状況が詳しく伝えられます。
それとあわせて、”行政の対応”なんかもよく報道されるようになりました。

逃げ遅れて犠牲者が出たのは行政の対応に問題があった・・・。
避難所で不自由な生活を強いられるのは、行政の対応がまずいからだ・・・。

こんな調子です。

日本人は、まじめで勤勉な人種であるのと同時に、お上の言うことも良く聞くので、暴動なんか起きません。
その一方で、すごくお上を当てにしています。

僕の住んでいる市の職員の数は、
阪神淡路大震災が起きた平成7年:約500人だったのが、
平成28年:約300人に減っています。

この20年の間に市民も20年歳をとっていますから、働き盛りだった人達も60歳を超えています。
つまり”助ける側”から”助けてほしい側”に変わってきています。

こんな状況で、行政に文句ばかり言っていても始まりません。
災害の時には、自分の身は自分で守るしかないのです。

市が主催する防災のシンポジウムで、
「行政は限られたことしない」
「住民に丸投げではないか?」

なんて言う60歳くらいのオジサマがいらっしゃいました。

60歳くらいでそんな調子じゃ困ります。
ぜひ、自分のことは自分で守り、そのうえで80歳くらいのおばあちゃんを助ける側に回ってもらいたいものです。

やり場のない怒りや虚しさを持ってしまうことは、ある程度は仕方ありません。
でも、それは”誰か”に向けるものではないのです。
自分の身の回りに起こったことは、自分で受け入れて自分のできることを考える。

そういうスタンスを持つことが、”あんしん父さんへの道”なのです。

よろしければフォロー!

フォローする

スポンサーリンク
レタングル大
レタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

よろしければ応援お願いします。
スポンサーリンク
レタングル大