熊本大地震のTV報道からみた地震直後に気をつける15のこと

熊本で大きな地震があり、大きな被害が出ました。
今回の直下型地震直後のTV報道で繰り返されていた呼びかけです。地震直後はとにかく
”命を守ること”を最優先とすることが伝わってきます。

【地震直後のニュースでの呼びかけ】
1.余震のおそれがあります。最大震度6弱程度の余震に十分に注意してください。
2.落ち着いて行動してください。
3.まわりの状況を確認して身の安全を確保してください。
4.火事が起きているときは、火に近づかないでください。
5.暗い中なので、周りが見えにくくなっています。足元に注意して避難してください。
6.倒れかけている建物やブロック塀、自動販売機など倒れる可能性があるものに近づかないでください。
7.ガラスが散乱している可能性があります。思わぬケガをすることがありますので、十分注意してください。
8.近くに体の不自由な人やお年寄りはいませんでしょうか?
9.周りの人と声を掛け合って夜を過ごしてください。
10.命を救うために力を合わせてください。
11.慌てて外に飛び出すのは危険です。
12.家を離れる際には、通電火災が発生する恐れがあるため、コンセントを抜く、あるいはブレーカーを切って下さい。。
13.倒れやすい家具からは離れてください。
14.垂れ下がった電線に触れないようにしてください。
15.揺れで地盤が緩んでいるため土砂崩れの危険があります。



よろしければフォロー!

フォローする

スポンサーリンク
レタングル大
レタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

よろしければ応援お願いします。
スポンサーリンク
レタングル大