”世の中は不公平だ”と思っている人が幸せになれない理由

「なんでこんなに世の中は不公平なのだろう・・・?」

心のどこかで、ぼやいていませんか?
もし、ぼやく回数が多いあなたは、一生、公平で幸福な人生を過ごすことはできません。

なぜでしょうか?

ここで考えなければならないことがあります。

”公平な世の中”ってどんな状態を言うのでしょうか?

実は、その時点で無意識にとても”非現実的なこと”を考えてしまっているのです。

どんなに優しい人や素敵な人、立派な人にも、あるとき突然にひどいこと、悲しいことは起こります。
反対に、どんなに貧しい人や意地悪な人、だれからも嫌われているような人に素晴らしい幸運が訪れることもあります。

”不公平”と感じるようなことは、世の中では、普通に、自然に起こっていることなのです。
いつも特別なことがあなたの周りに起こっている訳ではないのです。

周りで起こっている事は、だだの”現実”です。
それを不公平なのか公平なのかと感じて、その意味を決めているのは、その人自身の問題なのです。
一つの現実でも、その人の受け取り方によって、”公平”と”不公平”かは変わってしまうのです。

←自分を他人と比べるのをやると楽に生きられるワケ


もし、”人生が不公平だ”と感じているということは、その人が、何かしらの”被害者意識”を持っているのです。
なにか不都合なこと、不幸な出来事を誰かのせいにしてしまえば、被害者となって同情の対象になれるようにしているだけなのです。
もちろん、神様がいたずらしている訳でもありません。

例えば、他人と比べて生きている人は特にそういう状況に陥りやすいと言えます。

他の誰かを悪者に仕立てて、恨んだりねたんだりしたとしても、状況が良くなることは決して起きないのです。
それが現実の世の中です。

良い時もあれば悪い時もある・・・と笑って、ぼやくのはやめにしましょう。
そして、
 今の自分にできること
に目を向けていくことが、よりあなたを幸せにしてくれるのです。
できることから少しずつ始めることが、自己効力感を高めてくれて、幸せな気持ちになれるのです。

よろしければフォロー!

フォローする

スポンサーリンク
レタングル大
レタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

よろしければ応援お願いします。
スポンサーリンク
レタングル大