あなたが聞き上手な人と言われる3つのコツ

良い人間関係を築ける人は、間違いなく”聞き上手な人”です。

そういう人は、自然と人が集まってきますし、人望も厚い人が多くなります。

人の話の聞き方について、きちんと習ったことはおそらく無いでしょう。

実は、簡単にできる3つのコツをマスターすれば、すぐに聞き上手になることができて、人間関係を良くすることができます。


コツ1:アドバイスをしない
最も大切なことは、相手への”共感”です。
”そうなんだぁ” ”わかるよ~”
こんな相づちが相手を安心させて、話を引き出すことができるのです。
「〇〇したらいいんだよ」みたいなアドバイスは、上から目線で話す印象を与える場合があるので、できるだけ避けるようにします。

コツ2:話の腰を折らない
相手に気持ちよく話させるために、話の途中で自分のペースで質問してはいけません。
”なんで?” ”それどういう意味?”といった質問は、区切りを見つけてするように心がけます。

コツ3:相手が話している時に、他の事を考えない
相手の話が長いと、途中で意識が他に向いてしまわないように気をつけます。携帯電話を触ったりするのは厳禁です。
真剣に話しているのに、相手が上の空と感じてしまうと、とてもがっかりしてしまいます。
その反対に、しっかりと聴いているという誠実な姿勢を見せられれば、相手への信頼を得ることができます。

いかがでしたか?

人の話を聞くときに何気なく聞いてしまっているかもしれませんが、”聴く”ということをしっかりと意識しておくことで、身近なパートナーや会社の同僚との人間関係をよくすることができ、あなたへの信頼感も高めることができるようになります。

よろしければフォロー!

フォローする

スポンサーリンク
レタングル大
レタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

よろしければ応援お願いします。
スポンサーリンク
レタングル大