サングラス効果

夏になり、ファッションアイテムとしてサングラスをかける人が増えます。
あなたは、サングラスをした時に、なんとなく気分が前向きになるような経験はありませんか?

もし、雨の日や夜でもサングラスをかけている人を見たら、その人は怖い人かもしれませんが、
心理的には、他人とのコミュニケーションが苦手で、弱気な人である可能性が高いと考えられます。

コミュニケーションの基本は、アイコンタクトです。
なので、本心・本音を知られたくないと思っている人は、安心して気分が大きくなり、サングラスをすると
急に積極的に発言したりできるようになります。

一方で、相手からしてみると、気持ちが見えないため、信頼されにくくなってしまいます。
なので、好感度が上がることは、あまり期待できません。

人間やほとんどの哺乳動物は、アイコンタクトで意志を通じ合うことが知られています。
本当に良い関係を築きたい人と会う時には、サングラスは外しておくことをおススメします。
逆に、ずっとサングラスをしている人とは、距離をおいて付き合った方がよいと言えるでしょう。

よろしければフォロー!

フォローする

スポンサーリンク
レタングル大
レタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

よろしければ応援お願いします。
スポンサーリンク
レタングル大