武勇伝を語ると嫌われる理由

他人の過去の自慢ほど、聞かされてウンザリするものはありません。

ところが、自分のこととなると、気がついたらついつい語っていた・・・・
なんて人をたまに見かけます。

いわゆる過去の武勇伝が好きな人

っていますよね?
 
 オレの大学では・・・
 オレが新入社員のときは・・・
 オレの経験から言うと・・・
 オレがつかんだ客がすごくて・・・
 数年前のオレの受注は・・・
 オレもさんざん苦労してここまで来たよ・・

オレオレ詐欺ではありませんが、常にご自分中心のお話しをなさる・・・・

もうウンザリですね。

まさか!あなたは武勇伝を語っていないでしょうか?

 たとえばお子さんに・・・
  オレはかなり勉強したぞ
  オレは部活一筋でめちゃくちゃ努力したんだぞ
  オレのおかげで良い学校に行けて、塾にも行けてるんだぞ

 たとえば奥さんに・・・
  オレの給料でいい家にすめているんだよね
  オレの給料があがったから生活できてるよね
  オレが会社で頑張っているんだぞ

 

 なぜ、武勇伝は聞いていてウンザリするのでしょうか?

【理由1】
 武勇伝を語るときは、
 ”相手よりも立場が上であること”
を前提にしてしゃべっているからなのです。
 人間関係では、まずフラットな関係が基本で、それに地位とか立場がくっついてきています。
なので、武勇伝を聞かされるというのは、自分の立場が下である と意味づけされていることになってしまします。
 だから気分が良くないのです。

 まして、家族関係では、もっと上下関係はありませんから、古き良き頑固オヤジ的なものの言い方は厳禁なのです。

【理由2】
 武勇伝は過去のモノです。過去を多く語る人は、
  過去がピークで今現在は下り坂 
 の人と考えて間違いありません。
 そのような人について行ってロクなことにはなりません。

 未来の話をする人と、過去の話をする人とどちらが魅力的かは決まっていますよね。

 いかがでしたか?過去志向の人は見切りをつけて、未来志向の人とお付き合いするようにしていきたいものですね。
くれぐれも、あなたが過去志向の人にならないように気をつけてくださいね。

よろしければフォロー!

フォローする

スポンサーリンク
レタングル大
レタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

よろしければ応援お願いします。
スポンサーリンク
レタングル大